Label

VIDEOARTS MUSIC

VIDEOARTS MUSICは当社のオリジナル制作作品と国内外からライセンスした作品をリリースしているレーベルで、ほとんどが海外アーティストです。ジャンルは主にジャズ、フュージョン系が占めていますが、R&Bやワールド・ミュージック系、あるいはノン・ジャンルのようなものまで扱っています。
最近リリースしたものでは、昨年末にリリースしたクルセイダーズの復活アルバム『クルセイダーズ/ルーラル・リニューアル』、実力NO.1の若手ジャズ・トランペッター、ライアン・カイザーのリー・モーガンに捧げたアルバム『ライアン・カイザー/ザ・サイドワインダー』、3月に来日公演も行ったLAのコンテンポラリー・ポップスの歌姫、ケヴィン・レトーの『ケヴィン・レトー/カラー・オブ・ラヴ』、5月28日にニュー・アルバムをリリースするグラミー賞受賞アレンジャー、デビッド・マシューズ率いるマンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)などがあります。

 

DVD

ビデオアーツの映像作品はVHS、LDの時代よりキース・ジャレットをはじめとしたジャズ/フュージョンのオリジナル企画作品に加え、ロック、ポップ、R&Bなどなど、あらゆるカテゴリーの洋楽ビデオをリリースしてきました。

その精神はDVD時代となった現在も変わらず、あらゆるカテゴリーのライヴ、ドキュメンタリー作品のリリースにチャレンジし、いろいろなスタイルの「音楽」を、ビジュアルを通じて提案してい ます。

 

ONE VOICE

ONE VOICEはビデオアーツ・ミュージックがオリジナルで制作する作品をリリースしているレーベルです。
日本で最高峰のヴォーカリストとして認められている伊藤君子、こちらも日本でNO.1のジャズ・ベーシスト、鈴木良雄、また73年に単身渡米し、既に30年もニューヨークを拠点に音楽活動しているギタリスト、川崎燎、そしてマイルス・デイヴィス・グループに唯一の日本人ピアニストとして参加した天才ピアニスト、ケイ赤城などの作品をリリース。また、ジャズ・ヴァイオリニスト寺井尚子(現・東芝EMI)のアルバムも5作品リリースしています。ちなみに当社のCDリリースの記念すべき第1作は、『川崎燎/ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア』でした。ソロ・アコースティック・ギターによる極上のスタンダード・アルバムです。

 

Dreyfus

“ドレフュスは個性的でスタイリッシュなフレンチ・ジャズのエスプリを運んでくる。
” 「ドレフュス・ジャズ」は1991年、慧眼のプロデューサー、フランシス・ドレフュスによって設立されました。
ジャズ・ピアニスト、ミシャル・ペトルチアーニを世界で有数の存在にまで高め、リシャール・ガリアーノ(アコーディオン奏者)、ミンガス・ビッグ・バンド、ビレリ・ラグレーン(ギタリスト)らの実力者のアルバムを次々と制作すると共に、シルヴァン・リュック、フランク・アヴィタビレ、ジャン=ミシェル・ピルクといった次代を担うジャズ・ミュージシャンを続々世に送り出している注目のレーベルです。
名物オーナー、フランシス・ドレフュスは言っています。
「いちばん重要なことは、正しい人々に正しい音楽を提供することだ!」 と。
♪♪♪ パリ、フランス、Dreyfus Jazz の香りをお試しあれ ♪♪♪

 

Rykodisc

1983年に設立。今年で20周年を迎え、今やアメリカにおいて最大規模を誇るインディペンデント・レーベルです。
いち早くCDというメディアに着目し、当初はフランク・ザッパやデヴィッド・ボウイの一連の作品をリリースし、話題を呼びました。’91年には名プロディーサー、ジョー・ボイドのHannibalレーベルを獲得、’98年にはユナイテッド・アーティスツ/MGMの名画のサウンドトラック作品のリリースをするなど良質な音楽、アーティストを幅広く紹介しています。

 

キーストン

キーストンは木全信氏(きまた まこと)氏プロデュースのジャズ作品群。ジャズ的要素を失なわず、洗練されたサウンドで勝負するレーベル 。スタンダード中心の選曲で聴きやすいところも多いので女性やジャズ入門者の方々にもおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です